米サンフランシスコ、大規模清掃計画の一環としてハイテクごみ箱を導入

サンフランシスコ地域で、太陽光を動力とした最新鋭のごみ箱が導入される。このごみ箱は、従来の5倍の容量があり、サンフランシスコ市長による大規模清掃活動の一環である。  ハイテクごみ箱は、ビッグベリーごみ箱と呼ばれ、中に自動圧縮装置を備えており、容器の中にスペースを生み出せる他、ワイヤレスセンサーが付いており、容器がいっぱいになった時に収集業者にそれを知らせるアラートが飛ぶ仕様になっている。サンフラン

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン