ローカル鉄道と連携しスマートシティ構築

 日本電気、富士市、岳南電車、ヒラテ技研の4者が協働事業者として提案した「ローカル鉄道と連携したスマートシティ構築の可能性に関する調査」が、一般社団法人新エネルギー導入促進協議会から「平成26年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業(事業化可能性調査)」の採択を受けた。  同調査では、富士市内の産業の特長である熱需要の多い点を活用し、コジェネ発電により、発生する熱を製造工場で利用、太陽光

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン