埼玉県 下水汚泥を活用しバイオガス発電 可能発電量は最大約2,500万kwh/年

 埼玉県の上田清司知事は、9月9日の記者会見で、流域下水道での下水汚泥から発生するメタンガスを活用したバイオガス発電を推進する計画を明らかにした。  現在、埼玉県が管理する流域下水道は、8の流域で9処理場ある。47市町村をカバーし、その処理量は毎日25mプール約3千杯分、さいたまスーパーアリーナで言えば2.4杯分となっている。この下水処理プロセスで出てくる下水汚泥から発生するメタンガスは年間約最大

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン