アリババ傘下のスーパー IT活用でプラスチック削減を目指す

阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング、Alibaba Group Holding)が経営するネット販売の生鮮スーパーマーケット盒馬鮮生(Hema Xiansheng)は、「グリーンマーケット計画」を発表し、「産地から食卓まで」の生産流通過程を改善することでプラスチック使用量を徹底的に削減すると宣言した。 同計画は「消費」「回収」「供給」の3要素で構成され、その使用量減少の目標を3800

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン