栃木県 木質バイオマスを核とした スマートコミュニティ構築を促進

木質 木質
 栃木県は、「中山間地域スマートコミュニティ導入支援事業調査委託業務」として、5月11日から公募型プロポーザルの参加申込を開始。中山間地域に豊富に存在する森林資源を有効利用し、木質バイオマス熱供給事業を核としたスマートコミュニティの構築を促進するための調査を業務委託により実施する。  同県では、東日本大震災の経験から、中長期的視点に立ったエネルギー施策に関する基本的な考え方や将来目標を掲げた「とち

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン