再生プラスチック使用量の目標設定と報告義務化へ

再生プラスチック使用量の目標設定と報告義務化へ 再生プラスチック使用量の目標設定と報告義務化へ
政府が製造業に新たな規制を導入 政府は、大量のプラスチックを使用する製造業に対し、再生材の使用量の目標設定や使用実績の報告を義務化する方針を固めました。国内で回収される使用済みプラスチックの大半が焼却処分されている現状を踏まえ、規制強化によって脱炭素化を推進する狙いがあります。来年の通常国会で資源有効利用促進法の改正を目指しています。 画像:首相官邸(元記事から引用) 具体的な規制内容 現在、再生

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン