早稲田大学と日本女子大学がマイクロプラスチック捕捉に関する画期的な研究を発表

早稲田大学と日本女子大学がマイクロプラスチック捕捉に関する画期的な研究を発表 早稲田大学と日本女子大学がマイクロプラスチック捕捉に関する画期的な研究を発表
早稲田大学と日本女子大学の研究チームは、森林が大気中のマイクロプラスチックを捕捉することを世界で初めて実証した研究結果を発表しました。この発見は、森林が地球環境において果たす役割が、これまで認識されていた以上に大きいことを示唆しています。 研究の背景には、大気中のマイクロプラスチックが人間の健康に及ぼす潜在的なリスクが高まっていることがあります。早稲田大学理工学術院の大河内博教授と日本女子大学の研

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン