レゾナック・ホールディングスが低炭素水素のホテル供給を開始、環境持続可能性に貢献

レゾナック・ホールディングスが低炭素水素のホテル供給を開始、環境持続可能性に貢献 レゾナック・ホールディングスが低炭素水素のホテル供給を開始、環境持続可能性に貢献
株式会社レゾナック・ホールディングスは、2023年11月15日にプレスリリースを行い、川崎市にある事業所で生産される低炭素水素の供給を、東急REIホテルへ正式に開始したと発表しました。この取り組みにより、国内の商業施設で初めて、使用済みプラスチックを原料とした低炭素水素を用いた燃料電池の利用が実現しました。  画像:燃料電池(元記事から引用) レゾナックは、CO2排出量を最小限に抑えて生産される低

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン