米国プラスチック協定ロードマップ2.0:プラスチック廃棄物を資源に変える新たなビジョン

米国プラスチック協定ロードマップ2.0:プラスチック廃棄物を資源に変える新たなビジョン 米国プラスチック協定ロードマップ2.0:プラスチック廃棄物を資源に変える新たなビジョン
プラスチック包装の革新を目指す戦略的計画 米国プラスチック協定(U.S. Plastics Pact)は、新たな戦略的枠組みである「ロードマップ2.0」を発表しました。この計画は、プラスチック包装が廃棄物になるのではなく、再利用、リサイクル、堆肥化され、経済内に持続的に保持されることを目指しています。ロードマップ2.0は、2025年までの最初の計画に基づき、循環型経済を促進し、プラスチック廃棄物の

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン