WWFが新たなツールでサプライチェーンの上流食品ロスに挑戦

WWFが新たなツールでサプライチェーンの上流食品ロスに挑戦 WWFが新たなツールでサプライチェーンの上流食品ロスに挑戦
世界自然保護基金(WWF)は、持続可能な食品システムの構築を目指し、新しい「グローバル・ファーム・ロス・ツール」を発表しました。このツールは、農場での食品ロスを測定し、管理するための革新的なアプローチを提供し、食品産業の持続可能性向上に寄与することを目指しています。 今日、WWFは、全世界の農家が農場での食品ロスをより正確に測定・報告できるよう支援する「グローバル・ファーム・ロス・ツール」の導入を

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン