全国農業協同組合連合会(JA全農)が肥料袋の原材料にリサイクルレジンを採用

全国農業協同組合連合会(JA全農)が肥料袋の原材料にリサイクルレジンを採用 全国農業協同組合連合会(JA全農)が肥料袋の原材料にリサイクルレジンを採用
JA全農は、プライムポリマー及び片倉コープアグリと協力し、2024年度から肥料袋の原料を部分的にリサイクルレジンに切り替えることで、マテリアルリサイクルを通じた環境負荷の低減を目指します。 これまでにも、バイオプラスチックの使用や廃プラスチックの発生抑制など、環境に配慮した取り組みを進めてきたJA全農。肥料袋に使われているポリエチレンは、従来、使用後に廃棄される一方通行のプラスチックであり、環境へ

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン