エンビプロホールディングス、最新技術の選別機を使用しプラスチックリサイクル事業を強化

エンビプロホールディングス、最新技術の選別機を使用しプラスチックリサイクル事業を強化 エンビプロホールディングス、最新技術の選別機を使用しプラスチックリサイクル事業を強化
エンビプロホールディングス(代表取締役社長: 佐野富和、証券コード5698 東証プライム)が、グループ会社エコネコル(静岡県富士宮市、代表: 佐野文勝)を通じてプラスチックリサイクル事業を展開。最新のセンサー技術を備えた選別機3台を、静岡県内の2箇所に配置し、2024年2月から稼動を開始しました。これにより、廃プラスチックの効率的なリサイクルと資源循環を促進します。 画像:(エコネコル富士工場に設

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン