国連報告:2050年には廃棄物量が1.7倍増、コスト96兆円に達する恐れ

国連報告:2050年には廃棄物量が1.7倍増、コスト96兆円に達する恐れ 国連報告:2050年には廃棄物量が1.7倍増、コスト96兆円に達する恐れ
国連環境計画による最新の試算によると、2023年の世界の廃棄物量は23億トンに達し、この数値は2050年までに38億トンへと1.7倍増加する見込みです。廃棄物処理に対する適切な対策が講じられなければ、環境汚染への対応に関連する間接的なコストも考慮に入れると、その総額は最大で96兆円に上ると警告しています。 画像:埋め立て地に運ばれた大量の衣料品のごみ(世界経済フォーラム提供)(元記事から引用) こ

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン