サーキュラーパーク九州が日本通運と手を組み、資源循環型物流拠点構築へ

サーキュラーパーク九州が日本通運と手を組み、資源循環型物流拠点構築へ サーキュラーパーク九州が日本通運と手を組み、資源循環型物流拠点構築へ
2024年2月20日、九州電力グループのサーキュラーパーク九州(CPQ、鹿児島県薩摩川内市所在)と、NIPPON EXPRESSホールディングス傘下の日本通運は、共に川内発電所の旧跡地を用いた物流事業の共同開発に向けたパートナーシップ契約を締結したと発表しました。 CPQは、資源の再循環を目的とした事業を薩摩川内市の川内発電所跡地で展開しており、2023年7月に九州電力とナカダイホールディングスの

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン