三井住友ファイナンス&リースとアミタグループ、廃棄物マネジメントで合弁会社設立へ – サーキュラーエコノミー推進に向けた新たな一歩

三井住友ファイナンス&リースとアミタグループ、廃棄物マネジメントで合弁会社設立へ – サーキュラーエコノミー推進に向けた新たな一歩 三井住友ファイナンス&リースとアミタグループ、廃棄物マネジメントで合弁会社設立へ – サーキュラーエコノミー推進に向けた新たな一歩
三井住友ファイナンス&リース株式会社とアミタホールディングス株式会社は、2024年2月20日に廃棄物マネジメント事業を担う新たな合弁会社の設立に合意したと発表しました。この新会社は、三井住友ファイナンス&リースの戦略子会社であるSMFLみらいパートナーズ株式会社とアミタホールディングスの子会社であるアミタ株式会社の事業を統合し、2024年4月に設立される予定です。 この合弁会社の目的は、SMFLグ

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン