三重県が「みえプラ」プラスチックリサイクルマッチングシステムを公開

三重県が「みえプラ」プラスチックリサイクルマッチングシステムを公開 三重県が「みえプラ」プラスチックリサイクルマッチングシステムを公開
三重県はプラスチック廃棄物の再利用率を向上させるため、「三重県プラスチックリサイクルマッチングシステム」(通称:みえプラ)を立ち上げました。この新システムは、廃プラスチックの多くが燃料化され、温室効果ガスの主要な排出源となっている現状を改善することを目的としています。 みえプラは、排出事業者とリサイクラー間でプラスチックの種類、性状、量などの情報を効率的に共有し、適切なリサイクル方法を見つけること

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン