東京都がエコフレンドリーな燃料電池ごみ収集車を導入、千代田区でスタート

東京都がエコフレンドリーな燃料電池ごみ収集車を導入、千代田区でスタート 東京都がエコフレンドリーな燃料電池ごみ収集車を導入、千代田区でスタート
東京都は、脱炭素社会の実現に向けて、新しいエネルギー戦略の一環として燃料電池を動力源とするごみ収集車の導入を開始しました。この取り組みは、都が推進する水素エネルギー利用の拡大と社会への早期導入を目的としています。 画像:燃料電池ごみ収集車(元記事から引用) これまで、都は大学や地方自治体と協力し、改造されたディーゼルごみ収集車を使用して実証実験を行ってきました。今回、国内メーカー製の燃料電池ごみ収

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン