国による高度リサイクル事業者の新認可制度、循環型経済への一歩

国による高度リサイクル事業者の新認可制度、循環型経済への一歩 国による高度リサイクル事業者の新認可制度、循環型経済への一歩
政府は、先端技術を駆使したリサイクル事業者に対し、国が直接認定を行う新制度の法案を閣議で決定しました。これにより、廃棄物処理事業者は、国からの一括認可を受けることで全国規模での事業展開が容易になります。この法案は現在の国会での承認を目指しています。 対象となるのは、AIを用いた廃棄物の分別、ペットボトルの水平リサイクル、太陽光パネルからのレアメタル抽出など、先進的なリサイクル技術を持つ事業者です。

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン