平成30 年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 公募結果

平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金について、28件が採択された。うち廃棄物関連の案件が非常に多い中、弊社が注目いているのは下記の5件だ。 1. 神奈川県川崎市:IoTを活用し、産業廃棄物の収集運搬および処理における需給調整の最適化を図るためのプラットフォームの実現可能性調査を行う。 2. 滋賀県米原市:IoTとAIを活用した農産物の過剰発生の削減、適格な出荷時機の特定等により産地廃棄

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン