2024年パリオリンピック、持続可能性を重視した循環型戦略を展開

2024年夏に開催されるパリオリンピックは、サステナビリティに注目し、使用材料のフットプリント削減に取り組んでいます。今回発表された戦略では、リサイクル材の使用拡大と、全ての設備や家具の再活用が計画されています。この新しい取り組みでは、使用資源を最小限に抑え、エコデザインを通じて効率的に活用し、イベント後の資材再利用を目指すことが強調されています。パリ2024は、より環境に配慮した運営モデルを提案

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン