EUの新包装規制により、日本酒と和牛が欧州市場での挑戦に直面

欧州連合(EU)が新しい食品包装に関する規制を考えています。これが実現すると、日本酒や和牛のような商品をEUに輸出するのが難しくなるかもしれません。日本政府はこの規制に対して、これらの商品が対象外になるように働きかけを強めています。 EUの加盟国と欧州議会は、食品包装の規則についての詳細な協議を行う予定です。大筋で合意が得られたら、2030年からこの規制が始まります。 特に日本酒の取り扱いが重要な

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン