欧州連合がデジタル製品パスポートを推進、サプライチェーンの透明性向上に貢献

欧州連合がデジタル製品パスポートを推進、サプライチェーンの透明性向上に貢献 欧州連合がデジタル製品パスポートを推進、サプライチェーンの透明性向上に貢献
ロンドン、2024年2月6日 – 持続可能な製品選択を支援するため、欧州連合(EU)はデジタル製品パスポート(DPP)の導入を提案しています。この取り組みは、企業と消費者が直面しているサプライチェーンの情報ギャップを解消し、より情報に基づいた選択を可能にすることを目的としています。特に、環境への影響が大きい電池と自動車の製品群に対して、2026年から2027年にかけて段階的に導入される

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン