再生素材を活用し、CO2排出を削減するトヨタの取り組み

再生素材を活用し、CO2排出を削減するトヨタの取り組み 再生素材を活用し、CO2排出を削減するトヨタの取り組み
2030年目標:車素材30%を再生材に、トヨタのイニシアティブ トヨタ自動車は2030年までに、日本と欧州で販売される車両の重量ベースの30%以上を再生素材にする目標を掲げています。これにより、鉄やアルミニウムなどの素材におけるCO2排出を減らす方針です。 三重県での講演で、トヨタ調達本部の加藤貴己副本部長がこの計画を明らかにしました。加藤氏は、「カーボンニュートラル」と「サーキュラーエコノミー(

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン