自然保全法案の国会可決—生物多様性増進への一歩と残る課題

自然保全法案の国会可決—生物多様性増進への一歩と残る課題 自然保全法案の国会可決—生物多様性増進への一歩と残る課題
最近国会で可決された生物多様性増進活動促進法案は、民間を含む広範な参加を促進し、自然ポジティブな社会の構築を支援することを目的としています。しかし、この法案と密接に関連するOECM(その他の効果的な地域保全措置)の運用には、多くの課題が残っています。特に、「昆明・モントリオール生物多様性枠組み」で定められた「30by30」の目標達成には、OECMの役割が鍵を握っていますが、具体的な運用基準が未定で

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン