三洋製紙 バイオマスボイラーを建設

バイオマス植物 バイオマス植物
エア・ウォーターと中部電力 バイオマス発電所運転に向け、新会社設立
 三洋製紙(本社:鳥取市古市、井川和永社長)は、鳥取市の本社工場にバイオマスボイラーを建設することを決定した。  三洋製紙は100%古紙リサイクルによって段ボール中芯原紙や農用再生紙(カミマルチ)などの製造・販売を行う、製紙会社。エネルギーの安定確保が重要課題となるなか、化石燃料への依存から脱却することで、エネルギー調達に関する諸リスクを排除し、製造原価低減を図ることを目的とし、今回、バイオマスボ

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

既存ユーザのログイン